印鑑登録のはなし

印鑑登録イメージ

実印の話をしたので印鑑登録の話もしましょう。
印鑑登録の手続きは自分が住民登録している市区町村の役所でします。
印鑑登録申請書に必要事項を記入したら、印鑑登録したい印鑑と写真付きの身分証明書、たとえば運転免許証やパスポートなどを持って窓口へ行きます。

この写真付き身分証明書のことを小難しく官公署発行の写真付き証明書と呼んだりしますが、なぜこういう手続きに関する説明文ていうものはわざわざ小難しく分かりにくく表現されるんでしょうかね。

ところで運転免許証だとかパスポートを持っていない人だと、いくら申請者本人が出向いていても即日登録してもらえないんですよね。

印鑑登録のシステムは昔ながらだと思うんですが、昔ならなおさら、誰でもが運転免許証やパスポートなんて持っていなかったんじゃないんだろうかと思うのですがね。
まあ持っていたら何の問題もありませんが、もし運転免許証もパスポートも持っていない人は、写真入りの住基カードを取得しておくと官公署発行の写真付き証明書と同等に扱われるので、印鑑登録にかぎらず便利ですよ。

ともかく官公署発行の写真付き証明書か、それに代わるものを持っていれば、あとは登録したい印鑑を持って申請者本人が窓口に行けばその日のうちに登録できます。

これで実印が手に入りました。

ちなみに条件が揃わなくて即日登録できなかった場合どうなるかというと、申し出て紹介文書を自宅に郵送してもらい、後日それを持参することでやっと登録してもらえます。
本人確認を徹底するためのシステムのようです。

〔おすすめサイトピックアップ!〕

業界では群を抜く高品質な印鑑をご提供!
最短即日出荷対応!確かな技術でハイクオリティな商品をお約束いたします
最高級の印鑑を安心価格で

ページの先頭へ