実印と花押

印鑑イメージ

花押印とか遊び印とかそんな話ばかりしてしまいましたが、まあそれは一旦置いておいて、自分たちが実用的に使うものといえば姓名の彫ってある普通の印鑑です。
なかでも実印は登録もその後の扱いも重要というか、面倒というか、しかしいつかは必要になるものですよね。
この印鑑登録は手続きの規定もさることながら、登録できる印鑑についてもいろいろと注文があります。
ひとつには彫られている姓名が戸籍に記録されているものと同じ表記の文字でなければいけないというのですが、おもしろいことに表記さえ戸籍どおりならば、姓名それぞれの頭文字を合わせて彫ったものや、姓名のうち名前の頭文字一字までを彫ったものでもよいということです。

名前の一部どうしを組み合わせるなどというと花押を思い出します。
花押は組み合わせて一文字の新しい漢字を創作するものですからもちろん違いますが、一部のケースでしか押印としての効力を認められない花押と違い、印鑑としては最も法的効力の強い実印に、花押の名残か遊び印の延長のような文字判が通用することがなんだか意外でおもしろいように思いました。
花押と同じく平安時代から現代に残っているのが拇印です。
もともとは文字が書けない庶民が、証文などに人差し指で点を打った画指というものが始まりといわれています。
これが後に拇印や爪印と呼ばれるようになりました。
拇印は公的文書で使うことはありませんが、現在でも認印代わりに使用され、個人証明のための押印としての働きをしています。

PR おすすめのサイトご紹介

印鑑登録の仕方や印鑑証明の取り方、その他お役立ち情報満載!
はんこの情報サイトです。
http://www.easy888.co.jp/

ページの先頭へ